リサイクルトナーの購入のメリットやデメリット

リサイクルトナーの購入のメリットやデメリットについてまとめました

そのデメリットとは

By on 2016年11月02日

安いことと地球に優しいという点では手放しで高評価しても良いリサイクルトナーは、消費者の味方と言っても過言ではありませんが、特に純正トナーにはないほどのリスクの高さを伴っていますから、その点は念頭に置いた上で購入を決めるべきです。もちろん保証期間がしっかり設定されているのですからあまりにトラブルが多いようなら交換してもらうことも検討してみましょう。

実は純正トナーでもリスクはあるのですが、リサイクルトナーはさらにトラブル発生率がアップしています。最も注意したいのはトナー自体がミクロ粒子であるゆえに、万が一カートリッジが落下などの原因で破損した場合にトナーが飛散する可能性がある事です。カートリッジは滅多なことで破損するはずもないのですが可能性はけして0ではないのです。

原材料は体にも地球にも優しい素材で出来てはいても床に散乱した場合、ちょっとした刺激で空中に舞い上がり気管支に入り込むか、側にストーブがあれば引火して爆発する可能性も0ではありません。ましてや繰り返し使い回ししている専用カートリッジなら、破損する可能性がアップすること請け合いです。パソコンなどの機器で見た場合と印刷した場合の画像の色合いに、純正品とリサイクルトナーとでは微妙な差が出てきてしまう事もあります。

そのメリットとは

By on 2016年10月22日

リサイクルトナーの利点はなんと言っても安いことです。プリンター本体は激安とうたっていても、機器の3倍から5倍以上のコストがかかるトナーを購入しなければならず、トータルでみていったら結局高額なプリンターとさほどの差がなかったという体験を、多くの人がしているのはインクで商売をなりたたせているためです。純正トナーの方がぜったい的に機器に優しい製品だと認めますが先立つものがないという時は気持も萎えてきてしまいます。

そうした消費者の強い味方と言えるのがリサイクルトナーです。使い捨てを自粛する声が高まっている時代に再生トナーとしての役割は大きい物があります。トナーのニーズの大きさに気づいた多くの機器メーカーも、積極的にリサイクルトナー販売に力を入れ始めたおかげで価格競争も起きていますから、ますます手頃で身近な存在になってきています。

機器メーカーから市販されている物にいたっては保証期間がしっかり設定されている事に加えて、使い切った後のカートリッジの無料回収にも対応しています。リサイクルトナーの利用回数はおおよそ3回程度ですから、あっという間に消耗してしまった感覚になるのですが、リスクを最小限にするためには正しい使い方をしていくことも考えてください。

リサイクルトナー購入

By on 2016年10月02日

今回はリサイクルトナーの購入のメリットやデメリットについてのお話です。高速で高機能な印刷ができるレーザープリンターは、法人・一般家庭いずれにも対応可能コピー機として今でこそ人気の高いPC周辺機器ですが、価格が若干高いためかつて個人が持つには少々敷居が高いものでした。特にトナーはインクジェットプリンター専用インク以上に取り扱いを注意しなければなりません。

それだけにカートリッジはそのままに内容だけ交換するだけのリサイクルトナーが開発されたことは画期的と言えますし、一般個人にまで高速プリンターの優秀さを実体験の幅を広げた事は大きいと言えます。リサイクルトナーの普及に伴ってプリンター機器が小型化されて一般人も扱いやすくなりましたし価格も手を伸ばしやすいレベルになってきています。さらにコンパクト化して絵はがき専用機器を開発した日本メーカーが国内シェアを大幅に拡大していった事は言うまでもありません。

インク業界ではプリンター仕様に製造されているとはいえ、再生品としてのリスクが完全解決されているわけではありませんから、リサイクルトナーの特徴を良く理解する事により効果的な印刷を目指す必要があります。“使い捨てにしない”エコな形は現代のニーズにも合致しているという点で高く評価すべきではあります。

機器メーカーでもインクメーカーに後れをとるまじと、純正インクのリサイクルトナーの販売を始めていますし、さらにコスト削減できる詰め替えインクも登場していますが、こちらはインクジェットでもレーザープリンターでも両方に対応できるものです。